それはきっと幻じゃない

なにわ男子の西畑大吾くんが好きです

なにわ男子、デビュー決定おめでとう。~ずっとずっと頑張ってきた君へ~

2021年7月28日。なにわの日

ずっとずっと大切にしてきた、"なにわ"の日。

大好きで大好きで大好きで大好きな人とその仲間たちのCDデビューが決定しました。

 

なにわ男子、デビュー決定おめでとう!!!!!!!

 

もっとうまい言葉でまとめたかったのに、この気持ちをどんな言葉であらわせばいいのか、いざとなると全然わからなくて。拙い言葉になってしまいますが、今の心境をここに残せたらと思います。

 

"どれだけ夢を見て来ただろう

叶うはずのないと思っていたあの頃を

思い出しては考えないフリをした"

 

「CDデビュー決定」の文字がスクリーンに映し出された瞬間、これまでのすべてのことが走馬灯のように頭のなかをよぎりました。大吾くんのその瞬間の表情を見逃したくなくて、ずっとずっと大吾くんを見つめていましたが、頭の中ではこれまでの日々が、思い出のアルバムをひらくように流れていました。

その瞬間の直前の大吾くんは、とても緊張しているような表情で、画面を見て、文字が映し出された瞬間、泣いて。でも、配信ではあまり映っていなかったけどもっともっと泣いていた流星を強く強く抱きしめる大吾くんの姿もあって。大西畑のこれまでの日々を思い出しました。

個人的な話で恐縮ですが、高2から社会人3年目・25歳の今まで、青春のすべてを西畑大吾くんに捧げてきたわたしは、西畑担になって今年で9年目です。とてもおこがましいけど、これまで大吾くんと一緒にずっと歩いてきたような感覚でした。西畑担になるってお友達に報告した時のこと、今でも覚えてます。

昔は高校の友達とかには、大吾くんが好きだって言えませんでした。「西畑大吾って誰?」って言われるのはわかってたから。大好きな人のことを胸を張って好きだって言えないのはもどかしかったです。でももう、胸を張って言えるんだね。丈くんはもっともっと長い日々をジャニーズで過ごしていたし、もっともっと歴の長い西畑担の方だってたくさんいるだろうけど、わたしも発表を聞いて率直に「長かったーーーーーーーー……」と思いました。涙が溢れてきました。

去年の1月。祈るように、願掛けのように作ってずっとこっそりカバンの中に忍ばせていた「なにわ男子デビューおめでとう」のうちわ。やっと堂々と持つことが出来ました。夢が叶いました。

 

思えば、ずっと綱渡りのような日々だったなと思います。新しい仕事が決まるたびに「よかった、大吾くんがまだジャニーズJr.でいてくれる」って思っていました。それが嬉しくて、安心して。2017年に、1年後の舞台「マリウス」のお仕事が決まった時なんて、「よかった、大吾くん少なくともあと1年は確実にジャニーズでいてくれるんだ」って。

 

いなくなってしまうことが、怖かった。

関西ジャニーズJr.の未来が不安だった。

 

大吾くんも必死だったってよく言うけど、わたしも不安で不安で、怖くて、逃げた日もあったし、見てられないと思ってしまった日もありました。

 

ジャニーズWESTのデビューが決まって、次世代のメンバー(KinKan / なにわ皇子)がはじめて全公演の座長を務めた2014年の春松竹。

今でもあの時のことを思い出します。

初日に幕を開けたら「Happy Happy Lucky You!!」という新曲が披露されて。

「新しい季節へほら僕たちとそう旅立とう」

「ワクワクのスタートさ 毎日がShow Time」

そう歌う彼らを見て、ずっとずっとついていこうって思いました。

この先のことなんてわからないけど、わたしは大吾くんの未来を信じて、大吾くんがやりたいことをやっていれば夢は叶うと思う、叶えられる人だと思う、って根拠なんて全然なかったけど信じて。ついていこうって思ったんです。

これからの関西ジャニーズJr.は平野紫耀くん、永瀬廉が中心になって引っ張っていくんだなと思い、大好きだったグループが自然消滅した悲しさと、明確な差をもどかしく感じたときもありました。これまでKinKanとなにわ皇子で載っていたMyojoに「平野紫耀・永瀬廉」の名前しかなくなって、しばらく載れなかった時期があったこと、すごく覚えているし、しょうれんの飛躍は嬉しい反面、悔しかった。

 

「平野くん、永瀬くんもすごく素敵ですが、西畑大吾くんのソロ曲を待っている人もいると思うのでぜひもっとShow Timeで時間をください!」とまいジャニにメールを送ったこともあります。思い出せば思い出すほど、本当にいろいろなことがあって。必死でした。これまで決して平たんではなかったなと思います。わたしはただ頑張る大吾くんを応援していただけで、誰よりも努力していたのは大吾くんだけど!

 

わたしの記憶のなかには、いろんな瞬間の大吾くんがいます。

 

可愛くてキュルキュルでおっとりキャラだった大吾くん。
MCで全然話をふってもらえなかったし、踊ってるときは手で顔が隠れていて、カメラアピール頑張れー!!!もっと頑張れ!!って思っていたときもあった(笑)。

 

SHOCKに抜擢されて、大きな舞台のセンターを1シーンだけだったけど任された大吾くん。
大吾くんの歌にはいつもコーラスがかかっていたから、SHOCKの舞台ではじめて大吾くんの本当のソロの歌声を聴けて本当にうれしかったよ。
歌詞をあまり覚えていないんだけど「SOバーンバーン!」「誰にも止められないからKeep on~」みたいなパートを任されていた。この瞬間のこと忘れないように、ずっとずっと覚えていようって思った。

 

大吾くんが松竹座のセンターに立ったところを初めて見たときは、ただただ震えたな。大吾くんのこと大好きだったけど、まさかセンターになるなんて予想もしていなかった。大吾くんにはいつも予想を超えたものを見せられていた気がする。大吾くんが関西ジャニーズJr.の真ん中なんだ、センターなんだって全然慣れなくて。まだたまに不思議に思うぐらいだけど、でももう立派な立派ななにわ男子のセンターになったね。

 

Jr.祭りでは、悔しい思いをした。関西ジュニアのみんながどう思っていたかはわからないけど、そもそも事前に出演するって告知は一切なくて、弾丸での参加だったね。グッズにももちろんいなかったし、でも、関西ジャニーズJr.ってそういうものなんだと思ってた。ステージで踊る大吾くんは世界で一番キラキラしてたよ。でもやっぱり歓声は少なくて。大好きだよ、一番輝いてるよって何度も何度も心の中で思ったのを覚えている。

 

それでも、どんなときも大吾くんはずっとファンを見ていて、ずっとファンに寄り添って、ファンの求めているものに応えて、期待を超え続けていてくれたね。

 

ひとつだけ言いたいのはさ、全然、焼け野原なんかじゃなかったよ。もちろん足りていないものはたくさんあったけど、見ているのが苦しい時もあったけど、でも、焼け野原なんかじゃなかった。わたしはどの瞬間の大吾くんも大好きだし、大吾くんを支えてくれた関西ジャニーズJr.のみんなが好きでした。頑張っている大吾くんはずっと世界で一番のアイドルだったよ。

 

そしていつのまにか大吾くんは「夢は口に出せば叶う」を体現してくれるアイドルになっていました。

 

「みなさんを照らせるような存在になりたい」

「頑張れる源になりたい」

「悲しいことや辛いことがあった時にちょっとでも楽しめて、気分を楽にさせることができる場所、心の拠り所でありたい」

 

2017年、大吾くんはよくそう言ってくれていました。
わたしたちファンに「見える形で恩返ししていきたい」とも。

夢を見させてもらっているのはわたしたちで、笑顔や幸せをすでにたっくさんもらっているのに!恩返ししなきゃいけないのはわたしたちの方なのに!って思った。

 

日清オイリオのCMも、二宮くんとの共演も、VS嵐も全部うれしかったね。あとごちそうさんの現場で幸せそうにしてる大吾くんも好きだった。ごちそうさんのファンミーティング、見に行ったんだよー!

常に何かを背負っていて肩ひじ張っている大吾くんや、体調を崩しやすい大吾くんが心配になったこともあったけど、それ以上に笑顔や幸せや楽しい時間や最高のパフォーマンスを、ずっとずっと見せてもらっていたなと思います。

 

そして、2018年。

なにわ男子というグループが出来ました。

 

2018年の夏、in大阪の応募のあたりから少し雰囲気が変わってきて、本当になんとなく、個人の感覚ですけど、何かが変わってきている、風向きが変わってきていると感じたのを覚えています。でも、まさかグループができるなんて思いもしなかったな。

 

なにわ男子ができて、大吾くんがジャニーさんに赤をもらえたことが、まずは嬉しかった。センターに立つことにどこか自信なさげだった大吾くんの自信になったかな?って思ったし、わたしの自信にもなったよ。

 

梅田芸術劇場の真ん中で赤の重い重いマントを背負って、「めっちゃ熱い青春と 煌めく汗連れて きみの元へと走りだす」って歌う大吾くんを初めて見たときは夢かと思った。夢かと思ったんだよ。あの瞬間も、一生忘れないなと思います。

 

大吾くんには驚かされることばかりで、振り返っていると夢のような時間が本当にたくさんあったことを実感する。不思議ですね。

 

これまでのすべてのことがまだ昨日のことのように感じるのに、大吾くんを応援し始めたときは高校生だったわたしも、いつのまにかいい大人になってしまいました。大吾くんと同い年なので、これからも一緒に歳をとっていきたいと思います(笑)。

 

なにわ男子になってからも、しばらくは個人戦の気持ちが抜けなかったし、わたしはなにわ皇子が大好きだったからまたグループを愛することが最初は怖かった。

今となってはなにわ男子の楽曲で一番好きなのはアオハルだけど、アオハルが披露された当初は、「やばい、道枝くんにセンター取られた」って焦ってたな(笑)それこそ井の中の蛙でした(笑)

 

今となっては、なにわ男子というグループが世界で一番大好きです。

 

大吾くんがなにわ男子のことが大好きだから、なにわ男子のことを心から大切に思っていて信頼しているから、わたしもいつのまにかなにわ男子のことが大好きになっていました。

 

アオハルツアーで見た景色のこと、京セラドームで見た景色のこと、一つひとつ、もう全部、忘れたくない。絶対忘れられないし、忘れないと思う。もう忘れたくない景色ばっかりだね(笑)。

 

hrdig19.hatenablog.com

hrdig19.hatenablog.com

 

デビュー発表の時、アオハルツアーのサプライズ映像で泣き崩れたときと同じように、無意識に、ステージの真ん中でみんなで集まって肩を寄せ合っていたなにわ男子。大吾くんにはこんなにも頼れる大好きな仲間がいるんだって思うと、嬉しかったし、わたしも大好きだと思った。

泣き崩れたあと、丈くんが気持ちを切り替えて「みんなに発表しよ」って言ったのをあとで映像で改めて見て、これまでだったら大吾くんがやらなきゃいけない役割だったなって思った。大吾くんが1人で背負わなくてよくなったんだ、って思うと嬉しくて。何かを決意するように固い表情で話す大吾くんはもういなかった。ぐしゃぐしゃに泣いて、好きな時に暴れて、もちろんしっかり話すときもあるけど、丈くんとか流星とか、もちろんほかのメンバーも、いざとなったら回収してくれる人たちがいるから(笑)、信頼してるんだなって思った。

 

大吾くんがやわらかく笑うところをずっと見たかったし、大吾くんが流す嬉し涙が見たかった。なにわ男子にいる大吾くんは心から幸せそうな顔をしていて、わたしも幸せになる。ああ、好きだなって思う。大吾くんだけじゃなくて、なにわ男子のメンバー全員のことが、私は心の底から大好き。

 

"ここから見える沢山の灯りが

とても綺麗で涙が溢れてきたんだ

一人では見れないものだからさ

僕ら手を取り合って進もう

そんな日々がいつまでも続くように

僕らをつなぐ Time View"

 

デビュー発表後のTime Viewで大吾くんの歌う「そんな日々がいつまでも続くように」を聴いたとき、本当に心の底から、ずっとずっとこのメンバーでいられるこの時間が続いてほしいって思った。デビューしたからといって必ずしもずっとずっと同じメンバーでいられるわけじゃないけど、流動的でいつだれがいなくなるかわからないジャニーズJr.と違って、記録に残る。この7人でデビューして、この7人で歴史を刻んで、なにわ男子はこの7人で歩み出したということが、一生、この先の未来で残り続けるんだ、と思った。嬉しかった。幸せだった。この瞬間を、ずっと待っていたと思った。

 

恭平は「これがメンバーなんやなって…」って泣き崩れていたけど、わたしもそう思ったよ。これがメンバーなんやなって。頼っていいんだ、周りを見ていいんだ、応援していいんだ、7人のことを全力で好きになっていいんだ、そう思えることが嬉しい。周りを見てる余裕なんてなかったから。大吾くんを見ることしかできなかったから。でももう、メンバーの活躍を心から応援していいし、このメンバーを丸ごと愛していい。それが嬉しくてたまらない。

 

"ある日言われたこのメンバーで

あの日言われた名前を背負って

僕らの人生の名場面を描いていくのさ延長線上

つらくなったら僕の名前呼んで

すぐそばにいるから。

バカにされたっていい。"

 

わたしは西畑担だから大吾くんのことしか語れないけど、それぞれのメンバーにずっと応援してきた方々がいて、それぞれの想いがあってそれぞれの歴史がある。もちろんここ最近好きになった方だってたくさんいるだろうけど、そういう方だって、今この瞬間の気持ちがある。なにわ男子のメンバーそれぞれの気持ちや想いや歴史も、応援してきたそれぞれのファンの方の気持ちや想いや歴史も、全部丸ごと抱きしめたい。みんなと手を取り合いたいって、わたしも今、思います。

 

「関西ジャニーズJr.のお笑いスター誕生!」は正直にいうと、僕は別に自分が主演だと思ってないんです。一応役割としては主演なんですけど、いまだに主演とか座長と言われることに慣れてなくて…。この映画はメンバー全員が主演だと思っています。関西ジャニーズJr.の看板を掲げている以上、僕ひとりで歩いていくんじゃなくて、映画に参加しているメンバーみんなと一緒に歩んでいきたいと真剣に考えています。こういうとキレイゴトに聞こえるかもしれませんが、これに関してはキレイゴトでもいいかなと思うんです。この映画に関しては、セリフのない後輩の子達も含めた関西ジャニーズJr.全員の主演作だと言っていきたいです。

 

2018年上半期に、大吾くんが語っていた言葉。大吾くん、もうひとりじゃないよ。もちろんこれまでだってひとりじゃなかったけど、なにわ男子というグループで、メンバーがいるよ。この時の大吾くんにこんなことを言っても信じないかな?びっくりするかな?(笑)明るい未来が待ってるよー!!!って言ってあげたい。

 

大吾くん、本当に本当に夢を叶えてくれてありがとう。

幸せをくれてありがとう。

 

自分のことじゃないのに、本当に人生で一番うれしい。こんなにうれしくていいのかな?(笑)本当にうれしくてうれしくて、ずっと涙が止まらないんだ。

 

これは個人的なことだけど、わたしは今、東京で働いていて、それは自分の夢を叶えるために、かつ大吾くんがいつか東京に来ると信じてその時に取り残された気持ちになりたくないと思って東京に来ました。

大阪育ちのわたしが東京で働くなんて考えたこともなかったけど、それを考え始めたきっかけは、東西SHOW合戦を見るために新橋演舞場に行って、はじめて一人で夜行バスに乗って東京に来た時に、「東京ってこんなに近いんだ」って感じたことでした。

大吾くんに出会ってなかったら、大吾くんのことを好きになっていなかったら、わたしはいまここにいません。わたしの人生も、全然違うものになっていたと思います。

 

人生って本当に「もしあの時」って考え始めたらきりがなくて。

苦しい時や悲しい時は特に「もしあの時」と考えてしまいがちになります。

「もしあの時」あのグループが残っていたら、「もしあの時」あの人がまだここにいたら……、そう考えたこと、これまでたくさんありました。

でも、ひとつでもパズルのピースが違っていたら、大吾くんはセンターになっていなかったし、なにわ男子も生まれていなかったし、こんな最高な形でデビューもできなかったかもしれない。そう思うとこれまでのすべてのことは繋がっていて、意味があったんだな、運命だったんだなって思います。

大吾くんのこれまでの日々のこともそうだし、わたしが大吾くんに出会ったこともそう。

そんないろんな日々の延長線上で、なにわ男子というグループに大吾くんがいる今があって、わたしもなにふぁむでいられる今があって、すごく幸せだなと思います。

 

 

わたしは西畑大吾くんが大好きです。なにわ男子が大好きです。
大吾くんが大好きで大切にしている、大吾くんのことを大好きで大切にしてくれる、なにわ男子のメンバーが大好きです。

なにわ男子のデビューが決まって、西畑大吾くんの沼に引きずり込んでくれたもう関西担界隈にいない友人から中高大の友達、会社の先輩後輩同期まで、たくさんの人にわたしもおめでとうのメールをたくさんもらいました。

今この瞬間、大吾くんを好きでいられること、なにわ男子を好きでいられること、それが本当に幸せだし、そうやってまるでわたしがなにわ男子の一員かのようにおめでとうって言ってくれる人がいるのもうれしい(笑)。なにふぁむのみなさん、きっとそうでしたよね?(笑)

そして、何よりこうやって一緒に手を取り合って、なにわ男子のデビューを喜べるなにふぁむのみなさんがいるのが本当にすごく嬉しいです。お互いおめでとう!って言い合えるのがすごくうれしかった!

それから、ほかのジャニーズJr.を応援していて複雑な気持ちも絶対にあるだろうに「なにわ男子デビューおめでとう」ってまっすぐに伝えてくれたお友達にも本当に感謝です。本当に本当に優しくて強くて素敵な方に囲まれているなと思います。

あと、7/28昼のデビュー発表の瞬間、わたしは本当にありがたいことに公演に入らせていただいて、その瞬間に立ち合わせていただきましたが、平日の真昼間だし、その瞬間に立ち合えなかった方、そしてそれを悔しく思っている方がたくさんいらっしゃるのも感じています。でも、「その瞬間の大吾くんのこと教えてくれてありがとう」って言ってくれるお友達がいて、本当に優しいなと思っています。ありがとう。

西畑大吾くんのファンになって、なにわ男子のファンになってから、本当に本当に幸せなことばかりです。

これからもこんなに幸せで明るくてキラキラした素敵な時間を、なにわ男子となにふぁむのみなさんとともに進んでいけると思うとすごくすごく嬉しいなと思います。なにわ男子が大好きだとなにふぁむまで大好きになるみたいです(笑)お友達大好き!

 

 

"不安が募って壊れそうになっても

横を見れば君がいるから"

 

Time Viewの"横を見れば君がいるから"で大橋くんのことをなにわ男子一人ひとりがみんなで見つめる瞬間が本当に温かくて大好きです。

特別で、大切で、宝物みたいな空間。

こんなにも幸せでいいのかな、幸せをもらっていていいのかな、どうすればこの幸せをなにわ男子のみんなに返していけるんだろう?そう思って、一生懸命ペンライトを振ったり、うちわを持ったりしています。一人ひとりの想いが大きくなって力になると思うから。

 

Q.いつか叶えたい夢は?
なにわ男子7人が今後もずっと今みたいな空気感で、しょうもないことで笑い合えるような仲でいられたらと思います。僕らのYoutubeを見ていただけたらわかると思いますが、ホンマにしょうもないことで爆笑していたり。僕はなにわ男子の空気感やバランスがすごく好きで心地がいいから、7人で活動するのが楽しいんです。これから先、歳を重ねていけばいろいろあるかもしれないけど、7人で乗り越えてしょうもないことで笑い合う未来が待っていればいいなと思います。

 

大吾くんがこういってくれたこと、本当に嬉しかった。大吾くんがかつて「僕たちの夢がみなさんの夢であって、みなさんの夢が僕たちの夢であって」って言ってくれたように、大吾くんの夢がわたしの夢だから、わたしはこれからもしょうもないことで笑い合ってるなにわ男子をずっとずっと応援していくよ。

 

でもさ、欲を言えば、この夢は叶えたいかな(笑)。

大吾くんはもうスーパーアイドルだから、わたしも彼氏作って結婚して家庭を持てるように頑張るね。

大吾くんの幸せがわたしの幸せだけど、わたしもわたしの人生を好きに、幸せに生きるよ! 

 

あと、カウコンで、東京ドームで、一緒にステージに立つだいれん、そしてなにわ皇子の3人が見れる日も楽しみにしています。

 

 

これからもなにわ男子が7人で手を取り合って、明るくてキラキラした道をずっとずっと歩いて行けますように。

そしてこれからの関西ジャニーズJr.にもたくさんの幸せが降り注ぎますように。

 

Jr.大賞も卒業だね!恋人にしたいJr.で初めて1位を取れた時、本当に本当に嬉しかったなぁ。

 

2021年11月12日。なにわ男子、第2章のスタート。

わたし個人としても、西畑大吾くんのファン、第2章をスタートさせたいと思います。

 

大吾くん、わたしはずっとずっと大吾くんの味方だよ。

これから先どんなことがあるかはまだわからないし、「すごい!」というのは簡単でも、そこに至るまでにどれほどの努力を積まれているのかはわたしには見えません。

でも、ずっとずっと味方だから。

時に疲れることもあるだろうけどそんな時はちゃんと休んで、メンバーや周りの人に頼って無理しないでね。どんな大吾くんも大好きだよ!

これからも大吾くんがやりたいことやってみたいこと頑張りたいことを、わたしは応援しているし、その先にずっと明るい未来があることを信じています。

 

"そんな日々がいつまでも続くように

僕らをつなぐ Time View"

 

最後に改めてもう一度。

なにわ男子、デビュー決定おめでとうございます!!!!!!!

 

f:id:harun0109:20210730152741j:plain

 

P.S.

ジャニーズJr.情報局の好きなアーティスト名から「西畑大吾」の名前を消すとき、泣くんだろうなあ。

夢は叶うって教えてくれたのは、やっぱり、西畑大吾くんでした。

 

hrdig19.hatenablog.com

 

P.S.2

だいれん、ミニまり、りゅちぇ団、これからもずっとずっと仲良しでいてね!

 

 ----

【なにわ男子 7/28昼 横アリ】

 西畑大吾くん 最後の挨拶

本日はご来場いただきありがとうございました。んーーー……あの、言いたいことが山積みすぎて、自分の頭のなかで処理しきれないです。挨拶みんな長くなると思うから、お席にお座りいただいて…。(客席座る)

びっくりするぐらい実感がわかなくて。個人的な話になっちゃうんですけど、18歳の時に大阪松竹座の先頭に立たせていただいたときに「デビューするんだ」「デビューするつもりではずっと持っておこう」って思っていました。そこから6年経って、デビューする運びとなります。………実感、わかないですよね……。構えてたんですけどね。でもなんか訪れるともうびっくりして、予定通りにはいかなかったです。余裕余裕って感じじゃなくて……。

この景色、この瞬間っていうのはずっと覚えてるでしょうし、一生この時間と景色、そして皆さんのことを忘れたくないなと思います。この7月28日、なにわの日にデビュー発表することができて本当に嬉しく思います。なにわ男子って名前つけてくれたジャニーさんには感謝の気持ちしかないですし、なにわの日っていう語呂が合う日が合って嬉しいです。

これからも7人で手を合わせて、力を合わせて、頑張っていきたいと思いますので、これからも僕たちなにわ男子についてきてください。