それはきっと幻じゃない

なにわ男子の西畑大吾くんが好きです

松竹座まで10分の場所に住んでいた関西担が、東京で就職した理由

「東京に来てよかったーーー!!!」

ジャニヲタの友達は、口を揃えてそう言う。
だが、関西担としてのわたしがそう思えたことは、今のところほぼないに等しい。

 

大阪出身、社会人1年目。
西畑大吾くんのファンを始めて7年目。
実家は、松竹座まで電車で10分。
京セラドームも大阪城ホール梅田芸術劇場NHKまで、すべて30分圏内。
その他諸々の立地も含めて、わたしの実家は、関西担をするには最高の場所にある。

かつて大吾くんと仲良しの関西ジュニアが口を揃えて「大ちゃんの家は松竹に行きやすいから泊めてもらうことがある」って言っていたけど、正直わたしの実家は大吾くんの実家を超える立地の良さだったと思う。

 

東京に来てからは、松竹座も大阪城ホールも、行くにはすべて膨大な時間とお金がかかるし、関西ローカルの番組も気軽に見れない。
WSでも関西なら取り上げてくれる部分が、関東だと切り取られていたりする。
探せばいた関西担も、東京だとやっぱり少し少なくて寂しい。
何気ない日常のなかで、関西ジュニアの姿を見ることが減った。

 

しかし、こうなることは、就職を決めた時点でとっくに予想できていたことだ。
では、なぜ関西担のわたしが、それでもなお東京で就職したのか。

答えは、わたしの応援スタンスと、自担が最高であることの2点にある。

 

ひとつめ、わたしの応援スタンスのこと。わたしはいつだって、「大吾くんに負けたくない」という気持ちに突き動かされて生きている。

大吾くんのファンとして、もちろん大吾くんからいつも笑顔や幸せをもらっているし、大吾くんの存在が明日も頑張れる原動力になってはいるけど、ただ「頑張っている大吾くんを応援したい」「大吾くんがキラキラ輝いているところを見ているのが好き」という気持ちだけではいられないのだ。

大吾くんは有言実行の鏡みたいな人。口に出した夢はすべて叶えていってくれる。ファンとしてこんなに信頼できる人はいない。そんな人を好きになれたことや、応援できていることは本当に幸せなことだと、つくづく思う。

大吾くんは周りの人々やファンの予想も期待もすべて飛び越えていって、関西ジャニーズJr.のセンターを務めあげ、2018年、ついに「なにわ男子」という王道キラキラアイドルグループで、センターと赤をもらった。

ジャニーさんに赤をもらえるということがどういうことか。きっとそれは大吾くんもすごくよくわかっていたと思う。わたしは、大吾くんが選ばれたということがすごく誇りだった。来月に待ち受ける京セラドーム3daysなんて、まだ夢みたいで信じられない。

だけど、こんな感情と同時にわたしは、大吾くんに負けたくない、という強い気持ちを持っている。負けたくなかったから東京に来た。ここまですべての期待も予想も飛び越えてきてくれるなら、大吾くんは必ずデビューするって確信したし、今もそう思っている。だから、先に東京に来よう、と思った。それは、その方が将来的に現場に行きやすくなるからとか、そういう問題ではなくて、口に出した夢を次々と叶えて周りの予想を良い意味で裏切っていく大吾くんを見ているとなんだか悔しくなったからだ。わたしだって、自分の夢を全力で叶えたいと思った。

わたしのなかで、自分の夢よりも大吾くんを優先してはいけない、というひとつのルールがある。自分の夢のために今集中すべきことがあるなら、現場には行かない。これは、大吾くんを好きになった当初から心に決めていることだ。そして今となっては、あくまで大吾くんはわたしのなかで、目指すべき姿。取り組んでいる仕事や描いている夢は違えど、あんなふうに口に出した夢を叶える人になりたい、と思うから、自分の夢よりも大吾くんの現場を取ってはいけない。

大吾くんに出会った頃に比べて、自分はちゃんと成長できているのか? 大吾くんに負けずに一歩一歩夢に向かっていけているのか? と思うと、まだまだ中途半端なことしかできていないような気がする。だから、悔しい。大好きな大吾くんはどんどん夢を叶えて遠くなっていくのに、わたしはまだ何もできないちっぽけな自分のまま。それが、悔しい。大吾くんと自分を比べるなんておこがましい話だけど、こういう気持ちを抱えながら、わたしは大吾くんのことを応援している。

大吾くんを応援するのはすごく楽しくて幸せなことだけど、わたしは大吾くんの現場をただ日常生活を忘れて癒しをもらったり、笑顔や幸せをもらうだけの場にはしたくない。何よりも自分の夢を、現実を優先して、大吾くんの存在を自分が自分の目標に向かって頑張るための原動力にしたい。そういう意味も込めて、大吾くんに負けたくないから頑張る、というスタンスで応援していたいし、そんな気持ちを強くするために現場に行きたい。本気でそう思っているし、そういう風に思わせてくれるぐらい、パワフルに夢を叶えていく大吾くんのことが大好きだ。

わたしの夢は東京じゃないと叶えられなかった。だから、大吾くんより、自分の夢や目標を優先して、東京に来ることを選んだ。わたしにとってはこういう選択をすることが、今後も大吾くんのことを応援していくうえで、正しい選択だった。

おこがましいことを言っているのはわかっているし、なかなか理解されない応援スタンスではあるけど、わたしはこういう自分のスタンスを、すごく大切にしている。もちろん大吾くんの夢は心の底から応援したい。だけどわたしも負けたくない。そういう気持ちが、わたしを突き動かしている。

 

ふたつめ、自担が最高であること。前述したが、大吾くんは口に出した夢をすべて叶えていく。それどころか、周りの予想を大きく上回る結果を出してくれて、すべてにおいて大きな爪痕を残してくれる。こんなにも華麗に、大胆に、かっこよく夢を叶えていく人を、わたしはほかに見たことがない。

だから、わたしは大吾くんがデビューするって確信している。CDデビューしたいって、大吾くんが口に出した夢だから。絶対に無理だって思ったことも、全部全部叶えてきてくれた大吾くんだから、大吾くんにとって大きな大きなこの夢も、近い将来叶うとわたしは本気で思っている。

ここでまた、"負けたくない"という気持ちが混ざってくるのだけど、そうなったときに、わたしは大阪に取り残されたくないと思った。わたしの夢も東京にあるのに、大吾くんにだけ東京に行かれては困る。追い抜かされないように、先回りして東京に行こう、こんな発想。

ここまで自担のことを信頼できるのは、今までもこれからも、大吾くんだけだと思う。自担が最高だから、いつか夢を叶えて東京進出するって確信できるし、わたしも東京に行こう、と思ったのだ。

 

つまり、わたしは「西畑大吾くんに負けたくない」という思いに突き動かされて、自分の夢を叶えるため、かつ、自担が今後も夢を叶えていくことを信じてその時に負けたと思いたくないがゆえに、東京に来たのだ。理解されないことが多いけど、わたしにとっては人生における結構壮大なプロジェクトの指針となる気持ちだ。

実際に東京に来て、やりたかったことを仕事にすることができた。まだ夢や目標の途中ではあるし、一人では何もできないけど、段階的にはジャニーズ事務所の研修生になれた、ぐらいのところまでは来た気がしている。初めの第一歩を踏んだ感覚だ。仕事はハードだけどやっぱり充実しているし、楽しい。だから関西担としての現場には行きづらくなってしまったけど、やっぱり東京に来てよかった、と思っている。

 

応援スタンスや、自担への思いには、十人十色、様々なものがある。距離が遠くなるからデビューしてほしくない、という人もいるだろうし、もっと自担にかまってもらいたい、認知されたい、という人もいるだろう。そのどれにも正解なんてなくて、良いも悪いもない。

わたしはいろいろなものを通り越して、今はただ、大吾くんが楽しく快適にアイドルが出来たらいいなと思うし、いちファンとしては、大吾くんが幸せを感じてくれる瞬間をできるだけたくさん作っていけるファンでいたいなと思う。たとえばちょっとしたことだけど、コンサートで大吾くんが挨拶するときにはペンライトを赤にするとか。(そもそも西畑担だから基本的に赤だけど)

それと同時に、これからも"負けたくない"というスタンスは持っていたい。それがわたしの頑張れる理由だから。ある意味、大吾くんに出会ってなかったら、もっと安パイなところに逃げていただろうし、夢にために東京に来るという選択はしなかった気がする。

本当に忙しい毎日だけど、今の仕事を選んだことに後悔はない。こう思えるのが幸せ。こう思わせてくれるきっかけをくれた大吾くんには、感謝の気持ちでいっぱいだ。

定期的に、あんなに素晴らしい立地の実家を離れたのは関西担としてばかだなあ、と思うこともある。でも、夢を追うものとしてのわたしは、今の選択にとても満足している。

 

今日も明日も明後日も、大吾くんのことが世界で一番大好き。

そして、今日も明日も明後日も、大吾くんに負けたくない。

 

相変わらず重たすぎる愛を抱えながら、私は明日も精一杯働く。
何かに対して一生懸命でいられるのは、すごく幸せなことだ。

これが、関西担のわたしが東京で就職した理由。

 

今後も、大吾くんへの大きな愛を抱えて好きを更新していきながら、
"負けたくない"という気持ちも持ち続ける、そんな人間でありたい。

そしていつか大吾くんに、夢が叶った、って報告が出来たらいいな、と思う。